「マスタークレンズダイエット」で好転反応が起きたときの対処法は?

 

マスタークレンズダイエットをすると、好転反応(こうてんはんのう)が起こり体の悪い箇所が反応します。

 

 

 

 

きっと体調が悪くなったと間違えてしまう方もいるので、ここで好転反応について確認していきましょう。

 

 

 

 

好転反応とは?

 

体の悪い個所が良くなる反応を「好転反応(こうてんはんのう)」といい、症状としては、体のダルさ、眠さ、下痢、頭痛、吹き出物が起こります。

 

 

 

 

これは、体に溜まっていた毒素や老廃物が血液中に押し出されるために起こる症状です。

 

 

 

 

人間の体は、加齢、食生活の乱れ、疲労、過度のストレスが原因となり、病気や老化がどんどん進んでいくのです。

 

 

 

 

しかし、弱った身体に断食をしてあげると代謝が良くなり、体のサビが取れ元のきれいな体に戻すことができます。

 

 

 

 

体に老廃物や不純物がたくさん溜まっている人ほど好転反応が強く出る可能性があります。

 

 

 

 

マスタークレンズダイエットで好転反応が起こることがあるの?

 

 

マスタークレンズダイエットも、断食ダイエットの一つなので、好転反応が起こることがあります。

 

 

 

 

好転反応が出ると体調が悪くなったこ勘違いして、ダイエットを中断される方も多いです。

 

 

 

 

しかし、好転反応が出るという事は体に不要なや老廃物や不純物が体外へ排出されているという証拠なので、ぜひ続けるべきなのです。

 

 

 

 

体の中の不純物や余分な水分が出れば出るほど、体内は楽になっていきますよ。

 

 

 

 

2回目、3回目の断食になると、デトックスが進むために好転反応は症状は出なくなります。

 

 

 

 

マスタークレンズダイエットで好転反応が起きたときの対処法は?

 

好転反応の症状にも人それぞれ違いがありますが、大抵の場合は軽い症状なので、マスタークレンズダイエットを続けてデトックスを進めていきましょう。

 

 

 

 

体のダルさなどは、休息をとっていただくと数時間後には治まっています。

 

 

 

 

下痢になる場合や、緑や黒っぽい宿便がでた場合は、毒素排出されているということです。

 

 

 

 

まれですが、体内に溜まっていた毒素が一気に出た際には、我慢できないほど強い好転反応の症状が出るケースがあります。

 

 

 

 

そういった場合は、無理をせずに横になって休息してください。

 

 

 

 

体調が良くならない場合は、ダイエットを中断して様子を見るようにしてください。

 

 

 

 

すぐにダイエットの結果を求めるのではなく焦らずに、3日断食したらゆっくりと消化の良い回復食を利用するなどして、体の負担にならないように工夫しましょう。

 

 

 

マスタークレンズダイエット