妊娠中は「マスタークレンズダイエット」は避けるべき?

 

妊娠中は、食欲が増して太ってしまいがちですよね。

 

 

 

 

産婦人科の医師に太らないように注意された方も多いのでは?

 

 

 

 

そんな妊婦さんは、マスタークレンズダイエットで痩せたいと思う方も多いはず。

 

 

 

 

そこで今回は、妊娠中にマスタークレンズダイエットをしても良いのかを見ていきましょう。

 

 

 

 

妊娠中はマスタークレンズダイエットは避けるべき?

 

短期で痩せられるという魅力的なダイエット法である「マスタークレンズダイエット」ですが、残念ながら妊娠中の方は使用しないほうが良いとされています。

 

 

 

 

その他、薬を服用している方、授乳中の方、体調不良の方、心筋梗塞や脳卒中を経験された方、臓器系の病気、または障害がある方、中学生以下の子供さんも同様に避けたほうが良いです。

 

 

 

 

マスタークレンズダイエットは、レモネードと水だけを飲むため断食(ファスティング)ダイエットの一つです。

 

 

 

 

レモネードは、ビタミン類などの栄養素が豊富で安心ですが、レモネードだけでは、妊娠中に必要な栄養素をすべてカバーすることは困難です。

 

 

 

 

妊娠中にマスタークレンズダイエットをすると、お腹の胎児に影響を及ぼす可能性があるため、使用を控えてください。

 

 

 

 

妊娠中は、お腹の胎児のために栄養不足にならないように野菜中心のバランスの良い食生活を心がけることが大切です。

 

 

 

 

マスタークレンズダイエットは3日間の短期間とはいえ、断食するために妊娠中にはオススメできません。

 

 

 

 

マスタークレンズは、体調の良いときに、モチベーションも上がっている状態のときに行うと、健康的にできて良い結果を得ることができます。

 

 

 

 

妊娠中にマスタークレンズダイエットではなく痩せるためには?

 

妊娠中に、マスタークレンズダイエットでなく痩せるためには、食事療法がおすすめです。

 

 

 

 

妊娠中に太ってしまった場合は、炭水化物を控えて、野菜中心の食生活を心がけて、豆腐や野菜、鶏肉などの高たんぱくで低カロリーの食材を選びましょう。

 

 

 

 

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、家に引きこもることが多くなりますので、運動不足になりやすくなります。

 

 

 

 

家の中でもストレッチや軽くウォーキングするなどして、体を動かすことをオススメします。

 

 

 

 

出産は、授乳を与えるために多くの栄養素が必要となるため、食生活を気をつける必要があります。

 

 

 

 

授乳期間が終わったら、産後ダイエットのためにマスタークレンズダイエットを利用して短期間ダイエットにチャレンジしても問題ありません。