「マスタークレンズダイエット」の回復食・野菜スープの作り方教えます!

 

マスタークレンズダイエットをはじめとする断食(ファスティング)ダイエットで大切なのが回復食です。

 

 

 

 

断食中は、レモネードと水だけで過ごすためデトックスしやすい体内環境になるなめ、ダイエット後は、体に優しい野菜スープで体を慣らしていくことをオススメします。

 

 

 

 

そこで今回は、マスタークレンズダイエットで痩せた後の回復食、野菜スープの作り方をご紹介しましょう。

 

 

 

 

マスタークレンズダイエットの回復食・野菜スープを摂るメリットは?

 

断食をやり終えたら、 回復食はお腹に優しい食事を心掛けることが大切です。

 

 

 

 

断食中は、レモネードと水分しか摂取していないためお腹の中は空っぽになっています。

 

 

 

 

そこへいきなり、噛み応えのしっかりある固形物の食事を摂取すると、お腹がビックリすると同時に、一気に栄養素を吸収しようとしてしまいます。

 

 

 

 

体の負担になるだけでなく、リバウンドして、せっかく痩せたのに元の体重に戻ってしまうこともあるのです。

 

 

 

 

そのため、回復食にはお腹に優しい食事として具無しの野菜などから始めて徐々にお腹を慣らしてあげましょう。

 

 

 

 

野菜スープは、生野菜などと違い、一度に沢山の野菜を摂取出来るので、栄養素や食物繊維を効率良く体内に取り込む事が出来て、スムーズな排泄がしやすい体内環境が整いやすいので、オススメです

 

 

 

 

野菜がとろけて、胃や腸への消化負担を和らげる事が出来るため回復食に向いているのです。

 

 

 

 

マスタークレンズダイエットの回復食・野菜スープの作り方は?

 

ではマスタークレンズダイエット直後に食べられる具無しの野菜スープの作り方をご紹介しましょう。

 

 

 

 

かぼちゃメインの優しいスープです。

〈材料〉
・かぼちゃ1個
・玉ねぎ(小)1個
・じゃがいも(中)2個
・人参(小)1本
・ニンニクひとかけ
・バター20g
・コンソメキューブ2個
塩(出来ればミネラル多い塩)

 

作り方は、全ての野菜を火の入りやすい厚さに適当に切り、鍋にバター、ニンニク入れて火にかけます。

 

 

 

 

バターの泡が細かくなったら玉ねぎ入れて透明になるまで炒めます。

 

 

 

 

残りの野菜全部入れて炒めて、馴染んできたら全てがかぶるくらいの牛乳入れます。

 

 

 

 

コンソメ入れて野菜が柔らかくなるまで煮て、柔らかくなったらブレンダーかミキサーにかけてトロトロにして、最後に塩で味付けして出来上がりです。

 

 

 

 

断食ダイエットの空っぽのお腹には、やはりお腹に優しい回復食を摂る事が大切です。

 

 

 

 

具がたっぷりのスープではなくて、お腹をいたわる具無しのスープを取るとよいです。

 

 

 

 

いつも作るお味噌汁よりも、お味噌の量を減らして薄味にすれば回復食になります。

 

 

 

 

ぜひ、回復食の野菜スープを利用してマスタークレンズダイエットを成功させましょう。

 

 

マスタークレンズダイエット