腹痛があるときにマスタークレンズダイエットは避けるべき?

 

マスタークレンズダイエットとは、断食(ファスティング)ダイエットの一つで、3日間から10日間の間で減量できる今注目の短期間ダイエット方法です。

 

 

 

 

 

ただし、ダイエット期間中はレモネードと水だけで過ごすために、腹痛や頭痛など体調が悪いときは避けたほうが良いとされています。

 

 

 

 

 

では、早速その理由を見ていきましょう、

 

 

 

 

腹痛があるときはマスタークレンズダイエットは避けよう

 

マスタークレンズダイエットの期間中は、一切の食べ物を口にしないという断食(ファスティング)ダイエットになります。

 

 

 

 

 

そのため、3日間からの短期間とはいえ、空腹と戦いながら結果を出すため、健康な状態で始めることが大切です。

 

 

 

 

 

マスタークレンズをはじめとするあらゆる断食ダイエット方法は、健康な方向けのプログラムです。

 

 

 

 

 

腹痛がある方、
持病のある方、
薬を服用している方、
痩せている方 、
貧血の方・生理中の方 、
低血圧の方、胃の弱い方 、
腹痛のある方、頭痛のある方 、
疲れやすい方、
妊娠中の方 、
授乳中の方、
ご高齢の方 、
成長期のお子様、
ケガや骨折をしている方、
その他、健康や体力に自信のない方

 

は、マスタークレンズダイエットは避けたほうが無難です。

 

 

 

 

 

体調が回復されて元気になってから、マスタークレンズダイエットを始めることをオススメします。

 

 

 

 

 

マスタークレンズダイエット後に腹痛が起きた場合は?

 

マスタークレンズダイエットは、固形物の食べ物を一切食べないため、ダイエット後に突然食べ物を食べると胃がびっくりしてしまいます。

 

 

 

 

 

マスタークレンズダイエット後に、すぐに固形物の食べ物を食べると、胃腸に負担がかかり、急性の胃や腸のトラブルを起こす可能性もあります。

 

 

 

 

 

ダイエット後は、固形物は避けて、しぼりたてのフレッシュジュースや具無しの野菜スープ、具なしのお味噌汁などの「回復食」で体をゆっくり慣らしていきましょう。

 

 

 

 

 

デトックス後にキレイになった体に入った栄養素をすべて取り込もうとするためリバウンドにもなりやすいため、カロリーは控えめの野菜スープがオススメです。

 

 

 

 

 

液体の回復食の後は、お粥(玄米粥)と消化の良いお豆腐入りの味噌汁にするなどにして、徐々に通常の食事に戻していくことが大切です。

 

 

 

 

 

ダイエットが終わったと気を許して食べ過ぎてしまうと、努力が水の泡になってしまうため、日頃から穀物や野菜中心の和食を心がけて体型をキープすることが大切です。