「マスタークレンズダイエット」の空腹時のしのぎ方教えます

 

マスタークレンズダイエットで一番挫折しがちなポイントは、空腹との戦いと言えます。

 

 

 

 

レモネードと水だけという断食ダイエットは、空腹に耐え切れずにストレスで食べてしまい、すぐにリバウンドしてしまうパターンは口コミでよく見かけますよね。

 

 

 

 

では、空腹を出来るだけ最小限に抑えるためにはどういった方法があるのでしょうか?

 

 

 

 

早速見ていきましょう。

 

 

 

 

炭酸水を飲んで空腹をしのぐ

 

 

マスタークレンズダイエットは、レモネードの他にミネラルウォーター1日1.5L飲みますが、これを炭酸水に置き換えてみましょう。

 

 

 

 

炭酸水の中には、空気が多く含んでいるため胃の中に空気が広がり、食欲を抑えて満腹感を与えてくれる効果があります。

 

 

 

 

炭酸水はノンカロリーなので、ダイエット中はどんどん取り入れていくと良いです。

 

 

 

 

温かいお湯・麦茶を飲んで空腹をしのぐ

 

温かいものを飲むことで体を温め、リンパの流れが良くなり、デトックス効果がアップして、脂肪が燃焼しやすくなります。

 

 

 

 

温かいお湯は、尿排出効果、空腹感を紛らわす効果もあるため、ダイエットに最適です。

 

 

 

 

寝る前などはお湯などをゆっくり飲んで体の芯から温まり、睡眠しやすくしてくれる効果もあります。

 

 

 

 

ただし、カフェインが入っている緑茶や紅茶、コーヒーはダメですから気をつけましょう。

 

 

 

 

ノンカフェインのお茶には、麦茶やルイボスティーがあります。

 

 

 

 

軽い運動をして空腹をしのぐ

 

空腹時には、軽い運動をすることにより、アドレナリンが放出されて興奮状態になり、空腹感を紛らわせてくれます。

 

 

 

 

他にも運動だけでなく、ストレッチやヨガなど軽く体を動かすと気が紛れてオススメです。

 

 

 

 

ただし、激しい運動は身体の負担になるために避けるようにしてください。

 

 

 

 

断食は体に良いと暗示をかける

 

 

これは気持ち的な問題ですが、空腹が辛くなったら、考え方で対策します。

 

 

 

 

お腹がグーグー鳴るのは、若返りのホルモンであるアディポワクチンという細胞が活発に活動しているからなのです。

 

 

 

 

断食をすると免疫力が上がり、本来自らが持つ細胞が元気になることがわかっています。

 

 

 

 

最近では、空腹になると難病などに効くなど、がん細胞も消滅させてしまうなどの効果があることがわかっています。

 

 

 

 

適度な空腹は、白血球を増加させて免疫力を上げるため、体の抵抗力が増すと言われているのです。

 

 

 

 

もしマスタークレンズダイエット中に空腹でくじけそうになったときは、これらのやり方を参考にしていただければ幸いです。